はとポケ!  

はとわのポケット、略して「はとポケ!」- ポケモン・料理・カラオケ採点などの雑記情報ブログ

キッチングッズ 料理

セリアのタッパーがコスパ最強で神すぎてGODなのでおすすめしたい【ネット購入可】

投稿日:

記事タイトルとURLをコピーする

セリアのタッパーがコスパ最強だった話

神という表現を乱用するのはよくないと思います。どうも、はとわ(@hatopoke)です。

これまで必要に応じてタッパーを買い足してきたため3種類のタッパーが家にあったのですが、微妙に大きさが違ったりして毎回収納が面倒な現状に嫌気が差してきたのでタッパーを統一することにしました。

良さげなタッパーはないかとネットで情報を集めたところ、100円均一のセリアで売っているタッパーが色々と便利そうだったので早速購入。

期待通りの使用感だったので今後僕の家で使うタッパーはセリアのタッパーに決定しました!

今回購入したタッパー

商品名

100円均一のセリアにて2個セット100円で売られている「とにかくあらいやすい保存容器」という名前の商品になります。

サイズ

いくつかサイズが出ているのですが、今回は400mlサイズ(縦11.1cm×横16.4cm×高さ5.1cm)を購入しました。炊いたお米を1食分入れるのにちょうどいい大きさなので個人的にはお米の冷凍保存に使うことが多いです。

他には270mlや850mlのサイズのものが売っていました。

フタの色は白と黒の2種類があり、しまった印象のある黒を選びました。

しまった印象のある黒

耐冷・耐熱温度

フタと本体はともにポリプロピレン製となっており、-20℃~140℃の耐冷・耐熱温度。フタをつけたまま電子レンジで使用可能です。

あらいやすいってどういうこと?

注目してほしいのはフタと本体が接する部分の形です。

一般的なタッパーの溝一般的なタッパーのフタ

セリアのタッパーは溝がないセリアのタッパーには溝がない

一般的なタッパーはフタを本体に固定するためにフタの縁に溝があるのですが、このタッパーにはそれがありません。

細かな違いではあるのですが、フタの溝へスポンジを無理やり差し込んで洗うという手間が省けるため圧倒的にストレスフリーです。そして溝に汚れが残ってしまうということがないため衛生面でも優れていますし、洗ったあとに水滴が溜まる溝が無いため乾かしやすいというメリットまであります。

フタをしたままレンチンできる面白い仕組み

耐熱性のフタということ自体は別に珍しいことではないのですが、蒸気を逃がす方法が特徴的です。

耐熱性のフタといえば蒸気を逃がすための小さな穴が開いていて、その小さな穴に小さなフタがついている(言葉で説明するのが難しいので下の写真参照)ものが一般的だと思うのですが、「とにかくあらいやすい保存容器」にはその穴がついていません。

蒸気穴の例

じゃあどうやって蒸気を逃がすのかというと、加熱時の蒸気でフタが押し開けられる仕組みになっています…!

蒸気でフタが押し上げられる

この面白い仕組みには隠れたメリットが存在していまして、小さな穴に小さなフタがついているタイプだと何度も使ってるうちに小さなフタが取れてしまうことがあるんですね。

取れてしまったフタの例

そのため今回購入したタッパーは耐久面でも優れた代物となっているのであります。

収納面でも文句なし

そもそもタッパーを買い替えようと考えたのは収納面での問題があったからでした。

その点今回のタッパーは当然本体同士フタ同士を重ねて収納できますし、タッパーを統一したおかげでシンプルに収納しやすく快適なタッパーライフを送れるようになりました。

タッパー収納ビフォーアフター

家の近くにセリアがないあなたへ

今回紹介したタッパーは「イノマタ化学」という会社が製造しているのですが、ネットショップでもイノマタ化学社製の同じタイプのタッパーを購入することができます。

セリアに売っているものとはフタの色と値段が異なります。フタの色はカラフル、値段は送料がかかる分すこし高めです。

大人気の楽ちんパック。いくつあっても困らないから、たくさんそろえておきたい。フタをしたままレンジOK。フラットなので洗いやすい。ピッタリ重なってしまいやすい。

僕としては多少高くても買う価値は十分あると思っています。たったの数百円で日々の洗い物や収納のストレスから解放されるのなら安いものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-キッチングッズ, 料理

Copyright© はとポケ! , 2019 All Rights Reserved.